ネイルにおける整え方について

Pocket
LINEで送る

ネイルの形というのは人各々お好きななどもあるので、長さや形は個人差があります。

特に形というのはその人が持って生まれている爪の形もあります。

加えて暮らし習性によってはそれほど長さ的にもずーっとのばすことができないという人もいると考えますから、形や長さというのは人各々違ってくると考えます。

ネイルの形には大きく分けると4つの形があります。

まず一つ目はスクエアと呼ばれる形ですが、こちらは角が四角くなっているものであまり自身の爪ではしない形です。

どちらかというと付け爪などの事例に行われる形で上から受ける刺激に反対には強いのですが、角があるために角が引っかかる事もあるので用心しましょう。

しかもスクエアオフという形もあります。

こちらは先ほどのネイルの形のスクエアの角のところに丸みがあるタイプです。

爪の先に平均して重みなども掛かりますから、最高丈夫でわりと耐久性もある形として言われています。

ネイルアートをしてもこの形なら相当艶やかに映えるといわれています。

そしてネイルの形押しの三つ目は、「ラウンド」と呼ばれる形があります。

これは横のところがまっすぐで先はまるくなっているタイプです。

短めのネイルでも女らしい感じがあります。

そして四つ目のネイルの形としてオーバルと呼ばれるネイルの形があります。

これは横から爪の先を卵のような形に絞っているような形です。

強さ的にはほかのネイルの形には劣るのですが、上品な印象のある形として有益しています。